HTMLの学びなおし

 

HTMLで見出しタグと段落タグを使う方法【初心者向け】

 初期のHTMLは学術文書を共有するシステムとして開発されたため、論文の書き方に沿うように、タイトル・本文・引用と文書の構造が明確に定義されています。

論文を書くときに、章・節・項と文書の構造があるように、HTMLでも見出しはh1→h2→h3…と数の小さなものから順番につけるのがルールです。h2の見出しで書かれた文章のなかにh1の見出しを入れることは、深い階層の文章の中に浅い階層の文章を入れることとなり、文の構造を崩してしまうことになるので気をつけましょう。

 

 <dl> とは (参考

「DL」とは「definition list(定義)」の略で、定義リストを表すタグです。

定義リストは<dl>タグで範囲で表し、定義する用語(Definition Term)を<dt>タグで、用語の説明(Definition Description)を<dd>タグで表します。
この定義語と用語の説明のセットは、複数表記することが可能です。