IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

数独 ざっくりまとめ

最近、作業前に数独をするルーティーンを取り入れました。

結論から言うと、かなり良いです。ざっくり言うと、思考力と試行力が鍛えられて、集中して作業が出来ます。

頭の使い方には、CPU的に思考する使い方とSSD的に記憶する使い方の2つがあると思います。数独は CPU的に頭を回転させて、とにかく数字の当てはめを繰り返していきます。これはエジソンの名言「失敗ではない。うまくいかない方法を一万通り発見したのだ」に通じるの頭の使い方だと思います。この思考と試行をする上で、数独は最高の教材です。

というわけで、数独についてざっくりまとめることにします。

参考: 数独をすることによって、高まる能力は何ですか? - 数独の本... - Yahoo!知恵袋

論理的思考能力、つまりは理詰めでものを考え、結論を出す能力が養われると思います。
それから、集中力。 ひとつのことを考え抜く「知的体力」では。 

 参考: https://www.math.kyoto-u.ac.jp/alumni/bulletinr/ampuku.pdf

f:id:matt-note:20180903213039p:plain

f:id:matt-note:20180903215708p:plain

なお、Ubuntu にはデフォルトで数独が入っているので、無限に遊ぶことができます。

f:id:matt-note:20180903213623p:plain

Webでも、数独をできるサイトがあるので、無限に遊べます。

 

個人的には、デジタルデトックスも兼ねて、100均の数独ナンプレ)をやっています。実際にデジタルデトックスで効果的な上に、頭をCPU的に使う力を鍛えることになるので、かなり気に入っています。