devise で作成されるルーティングを見てみる

登録

サインアップ(登録)で使うパスと、コントローラ#アクションは、以下のようになる:

f:id:matt-note:20181002192720p:plain

 

ログアウト

サインアウト(ログアウト)で使うパスと、コントローラ#アクション:

f:id:matt-note:20181002192808p:plain

 

ビューで使う

これらのパスをビューで使う場合は、以下のようになる。なお、サインアウト時は method: :delete を指定する必要がある:

f:id:matt-note:20181002192937p:plain

これでユーザーのブラウザから HTTP の DELETE メソッドが発行される:

f:id:matt-note:20181002192540p:plain

 

ログイン

サインイン(ログイン)のパスと、コントローラ#アクション:

f:id:matt-note:20181002193847p:plain

ビューでは以下のように使えば良い:

f:id:matt-note:20181002194004p:plain

ログイン時のログは、以下のようになる:

f:id:matt-note:20181002194248p:plain

 

まとめ

これらをまとめると、以下のようになる:

f:id:matt-note:20181002201245p:plain

ログインしている場合は、ログアウトのリンクだけを表示すれば良い。

 

参考:User And Admin Accounts With Devise | Authentication Ruby On Rails 5.2 Tutorial - YouTube