IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

$ git branch -a で、リモートブランチを含めたすべてのブランチを表示する。

everyday rails電子書籍を読んでいたところ、リポジトリをクローンして、各章のブランチに切り替えて、読んで下さいとのこと。

さっそく、クローンしたリポジトリを git branch してみる

f:id:matt-note:20181014183236p:plain

 

うーん、master ブランチしかないのだが…。

書籍によれば、以下のコマンドを実行してくださいとのこと。

git checkout -b my-03-models origin/02-setup

f:id:matt-note:20181014183456p:plain

 

実行できた。

ここで、git branch --all でリモートブランチも含めたすべてのブランチを表示できることを知る。

f:id:matt-note:20181014183714p:plain

 

とにかく、上記の git checkout -b my-03-models origin/02-setup によって、リモートの origin/02-setup ブランチから、ローカルの my-03-models ブランチを作成してチェックアウトできた。

f:id:matt-note:20181014183948p:plain

 

2周目をしたいという時は、$ git checkout -b my-2nd-models origin/02-setup のように、新しくブランチを切れば、新しい環境でコードを書いていけるはず。

 

参考:

git branch コマンド