IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Ruby で正規表現を使ってみる

Regexp クラス

/文字/ のように、/ で文字を囲むと、正規表現オブジェクトを生成する。

f:id:matt-note:20181019125908p:plain

 

sub メソッド

第一引数に Regexp オブジェクトを渡して、第二引数に文字列で値を渡す。これで最初に正規表現にマッチした部分を、文字列の値に変換することができる。

f:id:matt-note:20181019130222p:plain

 

第二引数に数値を渡してみると、エラーになる

f:id:matt-note:20181019131546p:plain

 

なお、substitution は「代入・代用・交換」といった意味になっている。

f:id:matt-note:20181019130346p:plain

gsub メソッド

第一引数の正規表現パターンにマッチした全ての部分を、第二引数で渡した文字列に置換できる

f:id:matt-note:20181019130953p:plain

 

+

直前のパターンの1回以上の繰り返しにマッチする

f:id:matt-note:20181019142636p:plain

?

直前のパターンの0回または1回の繰り返しにマッチする

f:id:matt-note:20181019142620p:plain

f:id:matt-note:20181019143432p:plain

上記のように、/hoo?/ でも、ho にマッチする

 

参考:

Ruby 正規表現の使い方

Rubyの正規表現の使い方をマスターしよう!match/gsub | CodeCampus