IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

atom で goto-definition を使ってみる

インストール

Ctrl + , で設定画面を開き、左メニューのインスールをクリック。入力欄に「goto」を入力して Enter を押せば、パッケージが見つかる。「Install」をクリックしてインストールする。

f:id:matt-note:20181022122841p:plain

 

使ってみる

以下のように、右クリックから Goto Definition を呼び出すこともできる。なお、ショートカットは、書いてある通り、Alt + Ctrl + Enter で実行する。ここでは title メソッドを選択して、実行してみる。

f:id:matt-note:20181022123701p:plain

 

すると、定義のあるところに移動できる。定義を探すときは、まずこれを実行すると捗るはず。

f:id:matt-note:20181022123900p:plain

 

なお、atom-ide-ui パッケージを入れると、さらに捗る。この時に、goto-definition パッケージはいらないなと思って削除したところ、atom-ide-ui での定義に移動が使えなくなってしまった。そのため、もう一度 goto-definition パッケージをインストールしたところ、正常に動かすことができるようになった。なんやかや、goto-definition パッケージは必要。

 

参考