atom-ide-ui を使ってみる

インストール

Ctrl + , のショートカットで設定画面を開いて、左メニューの「インストール」をクリック。入力欄に「atom-ide」のように入力して Enter を押せば、パッケージ一覧が表示される。あとは「install」ボタンを押してインストールすれば良い。

f:id:matt-note:20181022153851p:plain

 

インストールしたパッケージは、後で無効化したり、アンインストールできるので、まずは気軽にインストールしてみた。

f:id:matt-note:20181022154025p:plain

 

定義へ移動する

まずは、Ctrl を押しながらコードにホバーすると、下線が表示される。ここでは、@project について調べる。Ctrl を押しながら、@project にカーソルを合わせて、クリックするだけでよい。

f:id:matt-note:20181022160248p:plain

すると、以下のようになるので、ファイルを選択すれば良い。

f:id:matt-note:20181022154605p:plain

 

上記の title メソッドを調べる場合、定義は一箇所だけなので、定義したファイルにすぐに移動する。

f:id:matt-note:20181022154950p:plain

 

まとめ

エディタで atom を使うなら、atom-ide-ui を入れると捗る。合わないなと思ったら、アンインストールすれば良い。