IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

自作Webアプリ「IT勉強会用 名刺ジェネレーター」を公開しました!ぜひご活用ください😀

https://it-benkyoukai-meishi.herokuapp.com/

Atom の markdown-table-editor パッケージを使ってみる

インストール

Ctrl + , のショートカットで設定画面を開いて、左メニューから「インストール」をクリック。入力欄に「markdown-table-editor」を入力して、「パッケージ」ボタンをクリック。「Install」をクリックしたら、インストールを開始する。

f:id:matt-note:20181104212434p:plain

 

なお、マークダウンのプレビュー機能markdown-preview パッケージで提供されている。このパッケージは Atom にデフォルトで入っている。Ctrl + Shift + m のショートカットで起動できるとのこと。私はこれで起動できなかったので、メニューの「パッケージ」->「Markdown Preview」から起動することに…。

f:id:matt-note:20181104213450p:plain

 

使ってみる

使いやすい。

f:id:matt-note:20181104213249p:plain

 

といっても、文字と画像だけでは伝わりにくいと思うので、以下のリンクが参考になる。

 

具体例

以下の状態で Enter を押すと、一発で表を作成する。

f:id:matt-note:20181109151302p:plain

f:id:matt-note:20181109151330p:plain

 

まとめ

Atom エディタでマークダウンを使うのなら、markdown-table-editor を入れると捗る。デフォルトで入れて欲しいくらい使いやすい。(Atom は Emmet もデフォルトで入っていない)

 

補足

なお、行と行の間にデータを入れたい場合は、改行をコピペして貼り付けることになる(Enter でテーブルを改行できないというのが、デメリット)。

また、日本語を使うと、表が崩れて表示されてしまうというのがデメリット。なお、テーブルとしての機能は果たすことができるので、機能面は問題ない。

f:id:matt-note:20181110200444p:plain

 

英語だけを使う場合は、キレイに表示してくれる。

f:id:matt-note:20181110203255p:plain