IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Atom の rails-snippets パッケージを使ってみる

動機

自分で定義した設定が、なぜか使えなくなってしまったので、パッケージを使うことに…。

 

インストール

Ctrl + , で設定画面開いて、左メニューの「インストール」をクリック。入力欄に「rails」と打ち込んで「パッケージ」をクリックする。「rails-snippets」が表示されるので、「Install」をクリックする。

f:id:matt-note:20181105112348p:plain

 

使ってみる

使い方は、GitHub で確認する。設定ファイルを見るのが一番わかりやすいかも。

 

たとえば、<%  %> を出力するスニペットは、以下のようになっている。- で展開すれば良い。

f:id:matt-note:20181105112758p:plain

 

<%=  %> を出力するには、= で展開すれば良い。

f:id:matt-note:20181105113443p:plain

 

設定を上書きする

パッケージをアップデートすると、元に戻るような気もするが、以下のように変更しておいた。設定の変更は、ターミナルから以下のコマンドを打ち込んで、該当ファイルを変更してファイルを保存すれば良い。

デフォルトの = での展開は、<p>=</p> で展開しようとしたときに、うまくいかない。そこで、eq で展開するようにした。また、end は展開時に、左側にカーソルを置くようにした。

f:id:matt-note:20181105121743p:plain

f:id:matt-note:20181116125039p:plain

 

まとめ

とにかく、自動で出力してくれるようになったので、個人的にありがたかった。結果的に、以前より捗るようになった。最初から設定を自分でカスタマイズしていくのもありだけど、オープンソースのものを使うと、より確実で、効率的に使えるようになるなるなぁと。