ほげノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Dia でクラス図を作成してみる その2

使ってみる

ここでは、以下の記事を参考に写経してみることにする。

 

ターミナルから、以下のコマンドで、dia を起動する。

f:id:matt-note:20181113193537p:plain

 

左メニューから UML を選択する。

f:id:matt-note:20181113193641p:plain

 

クラス図のアイコンをクリックする。

f:id:matt-note:20181113193912p:plain

 

適当なところでクリックすると、枠を作成できる。

f:id:matt-note:20181113194038p:plain

f:id:matt-note:20181113194047p:plain

枠をダブルクリックすれば、入力できるようになる。まずは、クラス名を入力して「適用」ボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20181113194243p:plain

次に、属性を入力する。タブの「属性」をクリックして、右の「新規」ボタンから属性を新規作成する。「公開/非公開」を設定して、名前を入力して「適用」ボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20181113194736p:plain

タブの「オペレーション」からメソッドを記入する。右の「新規」ボタンを押して、メソッド名を入力して、適用すれば良い。

f:id:matt-note:20181113195335p:plain

社員クラスを作成できた。

f:id:matt-note:20181113195645p:plain

 

同じ要領で、会社クラスを作成する

f:id:matt-note:20181113200021p:plain

次に、関連を記入する。以下のアグリゲーションのアイコンをクリックする。

f:id:matt-note:20181113202923p:plain

適当なところでクリックして作画する。

f:id:matt-note:20181113203108p:plain

多重度を記入する。作画した線をダブルクリックすれば、設定画面を表示できる。とりあえず、以下のように「多様性」を入力して適用すると、多重度を記述できる。◇部分が Side A になっている。

f:id:matt-note:20181113203545p:plain

以下のように、関連付ける。青くなっている部分に、線がくっつくはず。

f:id:matt-note:20181113203733p:plain

関連名を記入する。「名前」を入力して、「向きを表示する」を「はい」にして適用する。

f:id:matt-note:20181113204415p:plain

 

続き