IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Dia でクラス図を作成してみる その3

「Dia でクラス図を作成してみる その2」から引き続き、以下の記事を参考に写経していく

 

汎化

f:id:matt-note:20181113214445p:plain

f:id:matt-note:20181113214624p:plain

f:id:matt-note:20181113214750p:plain

汎化は、以下のアイコンから作成する。ここでは日本語について、気にしない。

f:id:matt-note:20181113214851p:plain

完成。

f:id:matt-note:20181113220039p:plain

 

コンポジション

f:id:matt-note:20181114185138p:plain

f:id:matt-note:20181114185150p:plain

f:id:matt-note:20181114185303p:plain

コンポジションは、アグリゲーションのアイコンから作成する。

f:id:matt-note:20181114185458p:plain

適当なところでクリック。

f:id:matt-note:20181114185526p:plain

ダブルクリックして、設定画面を開く。「種類」を「コンポジション」にして、適用すると、黒の菱型になる。

f:id:matt-note:20181114185703p:plain

「名前」と「向きを表示する」を設定する。

f:id:matt-note:20181114185923p:plain

完成。

f:id:matt-note:20181114190232p:plain

 

依存(dependency

f:id:matt-note:20181114190341p:plain

f:id:matt-note:20181114190507p:plain

依存関係は、以下のアイコンから作画する。

f:id:matt-note:20181114190619p:plain

完成。

f:id:matt-note:20181114190759p:plain

 

エクスポートする

矩形の描画をクリック。

f:id:matt-note:20181114192438p:plain

適当なところでクリック。

f:id:matt-note:20181114192542p:plain

伸ばす。

f:id:matt-note:20181114192648p:plain

長方形をダブルクリックして、設定画面を開く。「背景の描画」を「いいえ」にして適用する。

f:id:matt-note:20181114192806p:plain

ここでは、png画像にエクスポートすることにする。上メニューから「ファイル」->「エクスポート」をクリックして、.png 拡張子にして「保存」ボタンをクリック。

f:id:matt-note:20181114192934p:plain

クラス図の png画像を作成できた。

f:id:matt-note:20181114193038p:plain

 

矩形で囲まずにエクスポートした場合は、以下のように窮屈な感じになってしまう。

f:id:matt-note:20181114195818p:plain

 

補足

作成途中のものは、Ctrl + s で、.dia 拡張子で保存する。以下のような sample.dia で保存した場合、これをダブルクリックすると、Dia で開いて、作成を続行することができる。

f:id:matt-note:20181114195435p:plain