IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Rails の order と reverse_order メソッドを使ってみる

order メソッドの引数は、シンボルやハッシュで指定しても実行できる。文字列で指定することもできる。

f:id:matt-note:20181115125245p:plain

f:id:matt-note:20181115125256p:plain

 

なお、reverse_order というメソッドも定義されている。

f:id:matt-note:20181115125609p:plain

 

reverse_order メソッドの使い方:

f:id:matt-note:20181115130105p:plain

 

使ってみる

reverse_order メソッドで、id で降順にソートできた。

f:id:matt-note:20181115131658p:plain

 

Hirb の使い方:

 

とはいえ、id 以外で逆順にする場合は、先に order メソッドでカラムを指定する必要がある。上記ドキュメントの説明でも「Reverse the existing order clause on the relation」と書かれている。

 

単純に reverse_order した場合は id を使う:

f:id:matt-note:20181115133318p:plain

 

カラムを指定したい場合は、先に order メソッドでカラムを指定する。

f:id:matt-note:20181115133510p:plain

 

結局、order メソッドだけを使った方がわかりやすいかも…。

f:id:matt-note:20181115185551p:plain