GitHub のプライベートリポジトリを無料で使ってみる

リポジトリを作成する

「New repository」ボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20190110152831p:plain

 

リポジトリ名を入力して、Private にチェックを入れて、「Create repository」ボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20190110153750p:plain

 

プライベートリポジトリを作成できた。

f:id:matt-note:20190110153857p:plain

 

あとは、書いてある通りにコマンドを実行する。

  • git init

f:id:matt-note:20190110154740p:plain

-> rails new で .git も作成されるが、git init で再び初期化できるとのこと。

  • git add .
  • git commit -m "init"
  • git remote add origin git@github.com:matt-note/follow_sample.git
  • git push -u origin master

 

プライベートリポジトリに push できた。

f:id:matt-note:20190110160211p:plain


一応、develop ブランチを作成しておく。

  • git checkout -b develop

 

これでついうっかり master ブランチで作業せずに済む。

  • git branch

f:id:matt-note:20190110161225p:plain

 

公開化してみる

「Settings」をクリックする。

f:id:matt-note:20190110182505p:plain

 

スクロールして、「Make public」ボタンを押す。

f:id:matt-note:20190110182528p:plain

 

リポジトリ名を入力して、公開化のボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20190110182556p:plain

 

パスワードを入力して実行すると、パブリック化することができた。

f:id:matt-note:20190110182640p:plain


またプライベートリポジトリにしてみる

また Settings をクリックする。「Make private」ボタンを押す。

f:id:matt-note:20190110182731p:plain

 

またリポジトリ名を入力する。プライベート化にするためにボタンをクリックする。

f:id:matt-note:20190110182845p:plain

 

プライベート化できた。

f:id:matt-note:20190110182943p:plain

 

とにかく、Settings から既存のパブリックリポジトリもプライベートリポジトリ化することができる。