サーバーに Ruby 環境を作ってみる

サーバーに Ruby が入っていなかった。

f:id:matt-note:20190111185843p:plain

 

まずは、ビルド環境を構築する。【参考

libgdbm5 を使おうと思ったらエラーになったので、libgdbm3 をインストールする。

  • sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

 

次に rbenv をインストールする。ここでは rbenv-installer を使ってみる。【参考

README.md を参考にして、以下のコマンドを実行すれば良い。

f:id:matt-note:20190111190328p:plain

-> rbenv はインストールできたが、PATH が設定されていないとのこと。

 

確認してみると、rbenv はインストールできた。

f:id:matt-note:20190111190451p:plain

 

調べてみると、.bashrc があることがわかった。ここに PATH の設定を書き込むことにする。

f:id:matt-note:20190111190409p:plain

  • echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
  • echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
  • source ~/.bashrc
  • echo $PATH

f:id:matt-note:20190111205809p:plain

-> PATH を設定できた。

 

ruby をインストールする。ここでは ruby 2.5.1 をインストールしたい。また、エラー回避用にオプションを指定する。

  • RUBY_CONFIGURE_OPTS=--disable-install-doc rbenv install 2.5.1 -v

f:id:matt-note:20190111205031p:plain

-> インストールできた。

 

環境を設定する。

f:id:matt-note:20190111205101p:plain

-> ruby コマンドを使えるようになった。

 

rbenv-doctor で確認してみる。【参考

f:id:matt-note:20190111205125p:plain

-> Ruby 環境を作ることができた。

 

参考