Ruby の %w を使ってみる

使ってみる

とにかく、%w に渡すと、文字列を要素に持つ配列を返す。

f:id:matt-note:20190128135804p:plain

f:id:matt-note:20190128140045p:plain

 

Ruby スタイルガイドによると、%w が推奨されるとのこと。

f:id:matt-note:20190128140938p:plain

f:id:matt-note:20190128140219p:plain

 

%w の後ろは ( ) でも、[ ] でも実行できる。とはいえ、[ ] を使った方が「words の配列」を作ることが明示的で、わかりやすい気がする。

f:id:matt-note:20190128140711p:plain

 

と思ったら、配列は [ ] を使う、ということが Ruby スタイルガイドで書かれていた。

f:id:matt-note:20190130161330p:plain

f:id:matt-note:20190130161551p:plain

 

まとめ

文字列を要素に持つ配列を作成するときは、%w[] を使う。