IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Certbot を使ってみる

前提

ここでは、Ubuntu 16.04 + Nginx を使うことにする。また、以下の公式サイトの手順で進めていくことにする。

 

インストールする

以下のようにしてコマンドを実行して certbot をインストールする。

f:id:matt-note:20190129204643p:plain

f:id:matt-note:20190129204650p:plain

f:id:matt-note:20190129212557p:plain

-> インストールできた。

 

実行する

メールアドレスを登録したくない場合は、以下のコマンドを実行する。

  • sudo certbot --nginx --register-unsafely-without-email

 

その他、ドメイン名や利用規約の同意などを設定する。そのため、Certbot を実行する前に、ドメイン名を取得しておくと楽になる。

 

f:id:matt-note:20190129205716p:plain

-> これで設定が終了する。

 

確認してみる

  • less /etc/nginx/sites-available/default

f:id:matt-note:20190129205623p:plain

-> Certbot によって、設定が作成された。

 

あとは Nginx の設定をしていけば良いことになる。

 

なお、Certbot のリニューアル用の cron も自動で作成されているとのこと。

f:id:matt-note:20190129210903p:plain

 

確認してみる。

f:id:matt-note:20190129211030p:plain

-> すでに設定されていた。

 

とはいえ、初期化するシステムで systemd を使っている場合は、上記 cronjob は実行されないとのこと。

f:id:matt-note:20190129212314p:plain

 

メッセージ通り、以下のコマンドを実行してみる。

f:id:matt-note:20190210103149p:plain

f:id:matt-note:20190210103331p:plain

f:id:matt-note:20190210103513p:plain

f:id:matt-note:20190210110335p:plain

 

なにやらメッセージが出てきたが、デフォルトの cronjob が有効化されて実行されているのか、よくわからない。