IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

棋譜作成用に BesoGo を使ってみる

使ってみる

Web ベースの SFG エディタとして、BesoGo を利用することができる。

f:id:matt-note:20190217002553p:plain

 

GitHub からダウンロードして、ローカルのブラウザで実行することもできる。HTML + JavaScript で作成されているので、軽量のツールとして使うことができる。ブラウザがあれば実行できるので、全ての OS で使うことができる。素晴らしい。ダウンロードが面倒な場合は、上記リンクから Web アプリとして利用できる。

f:id:matt-note:20190217003033p:plain

-> その他の HTML ファイルもブラウザで実行することができる。

 

使い方

白黒マークのボタンで、黒と白を順番に打っていくことができるようになる。

f:id:matt-note:20190217003214p:plain

 

ラベルボタンで、石に数字のラベルをつけることができるようになる。

f:id:matt-note:20190217003450p:plain

 

右上のボタンを押すと、碁盤に数字が表示されるようになる。複数回押して、表示を変更できる。

f:id:matt-note:20190217010826p:plain

 

この3つを使うと、以下のようになる。

f:id:matt-note:20190217010518p:plain

 

「Comment」ボタンを押すとコメントを保存できる。また、「Save」ボタンを押すと、棋譜を保存できる。

f:id:matt-note:20190217004020p:plain

 

保存した棋譜は、「Open」ボタンを押すことで、読み込むことができる。読み込むと、一番左側の何もない状態からになるので、数字をクリックするとで、その時の状態に移動することができる。

f:id:matt-note:20190217004443p:plain

 

なお、状態を進めると、数字が消えてしまう。

f:id:matt-note:20190217011518p:plain

 

その他、必要に応じて数字を追加する。

f:id:matt-note:20190217011918p:plain

 

まとめ

棋譜作成や棋譜並べをする時に、BesoGo を使うと捗る。