IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Devise の current_user の値を出力してみる

p メソッドで、適当に current_user メソッドを実行して出力してみる。

f:id:matt-note:20190219160933p:plain

f:id:matt-note:20190219161137p:plain

-> SQL が実行されて、users テーブルから id=1 の行データをすべて取得している。戻り値は User オブジェクトになる。

というわけで、current_user メソッドの戻り値から特定の属性データを取得するときは、以下のようにする。

f:id:matt-note:20190219163617p:plain

f:id:matt-note:20190219163630p:plain