IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

自作Webアプリ「IT勉強会用 名刺ジェネレーター」を公開しました!ぜひご活用ください😀

https://it-benkyoukai-meishi.herokuapp.com/

Rails の tag メソッドを使ってみる

使ってみる

tagメソッドは tag.<tag_name> とすることで、HTML要素を作成することができる。

f:id:matt-note:20190304190718p:plain

f:id:matt-note:20190304190747p:plain

 

tag メソッドにブロックを渡すこともできる。

f:id:matt-note:20190304191708p:plain

f:id:matt-note:20190304191721p:plain

 

後置 if と一緒に使うと、コードを一行ですっきり書ける場合がある。

f:id:matt-note:20190305050300p:plain

f:id:matt-note:20190305050312p:plain

一応、tag メソッドでリンクを作成できるが、DELETE リクエストをする時もあるので、aタグについてはこれまで通り link_to メソッドで統一した方が良いかもしれない。

f:id:matt-note:20190305044110p:plain

f:id:matt-note:20190305044242p:plain

-> link_to で method: :delete とした場合は、data-method="delete" となるので、これまで通りの動作を実行することができる。tag.a とした場合はそのようにならないので、削除用のリンクとして使うことはできない。(Rails のバージョンは 5.2.2)

 

参考