Rails で views/application ディレクトリを使ってみる

説明

f:id:matt-note:20190323222122p:plain

 

使ってみる

views ディレクトリ内に application ディレクトリを作成する。その中に部分テンプレートを作成しておく。

f:id:matt-note:20190323222620p:plain


比較用に layouts/_header.html.erb も作成しておく。

f:id:matt-note:20190323222812p:plain

 

layouts/application.html.erb で部分テンプレートを render する。

この時に layouts/_header.html.erb は render "layouts/header" と指定しないとエラーになる。一方、application/_hoge.html.erb は render "hoge" と指定するだけでよくなる。(ディレクトリ名を書かなくて良い)

f:id:matt-note:20190323223923p:plain

f:id:matt-note:20190323223948p:plain

 

まとめ

アプリ内のビューで共有したい部分テンプレートは views/application ディレクトリに入れておくと良い。views/application ディレクトリに入れた部分テンプレートは、すべてのビューファイルから render "hoge" として読み込むことができる。

f:id:matt-note:20190323225424p:plain

f:id:matt-note:20190323223327p:plain