IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Heroku で自動デプロイをしてみる

設定する

メニューの「Deploy」から「GitHub」を選択する。

f:id:matt-note:20190406023339p:plain

 

GitHubリポジトリを作成しておくと、「Search」で検索した時に表示することができる。「Connect」をクリックすると Heroku と GitHubリポジトリを連携させることができる。

f:id:matt-note:20190406023432p:plain

あとは「Enable Automatic Deploys」ボタンを押すと、自動デプロイの設定を有効化できる。(ここではCIを設定しない。)

f:id:matt-note:20190406025407p:plain

 

使ってみる

GitHub に push してみる。

  • git chekcout -b heroku-test
  • echo "<h1>heroku test<h1>" >> app/views/todos/index.html.erb
  • git add .
  • git commit -m "heroku auto deploy test"
  • git push origin heroku-test

 

プルリクエストして、heroku-test ブランチを master ブランチにマージする。

f:id:matt-note:20190406024443p:plain

f:id:matt-note:20190406024752p:plain

 

デプロイの状況は、Heroku の「Activity」でわかる。

f:id:matt-note:20190406030058p:plain

しばらくすると自動でデプロイが完了する。

f:id:matt-note:20190406030230p:plain