ほげノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

Ruby の send メソッドを使ってみる

はじめに

ここでは以下の記事を参考にして Ruby の send メソッドを使ってみることにする。

 

使ってみる

Hoge クラスで hoge_hoge メソッドを定義して、send メソッドの引数にメソッド名を指定して実行してみる。

f:id:matt-note:20190420231342p:plain

f:id:matt-note:20190420230911p:plain

-> 実行できた。send メソッドの引数でメソッド名を指定する時は、文字列でもシンボルでも実行できる。

 

引数のあるメソッドを send メソッドで呼び出してみる。

f:id:matt-note:20190420232040p:plain

f:id:matt-note:20190420232126p:plain

-> send メソッドの第一引数でメソッド名を指定して、第二引数でメソッドの引数を指定できる。

 

メソッドの処理を上書きしてみる。

f:id:matt-note:20190420233114p:plain

f:id:matt-note:20190420233236p:plain

-> hoge_hoge メソッドが piyo piyo を返すように変更できた。

 

send メソッドの引数で文字列を連結して、メソッドを実行してみる。

f:id:matt-note:20190420234524p:plain

f:id:matt-note:20190420234541p:plain

-> メソッド名を動的に指定して、実行できた。