ほげノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

rails-settings-cached を使ってみる

 

rails-settings-cached をインストールする。

  • echo 'gem "rails-settings-cached"' >> Gemfile
  • bundle

 

ジェネレーターを実行する。

  • bin/rails g settings:install

 

これで以下のファイルが作成される。

各ファイルにはデフォルトの設定が記述されている。

f:id:matt-note:20190422142948p:plain


マイグレーションを実行する。

 

db/schema.rb で settings テーブルの設定を見てみると、以下のようになっている。

f:id:matt-note:20190424115552p:plain

 

config/app.yml で設定を管理する。

f:id:matt-note:20190422143306p:plain

 

コンソールから確認してみる。

f:id:matt-note:20190422143356p:plain

-> 設定を管理して、アプリから設定を参照することができた。

 

参考:mastodon では定数管理に rails-settings-cached を使っている。