IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

git checkout -b する時は、第二引数で親にするブランチを指定すると良い

git checkout -b では第一引数に作成するブランチ名を渡すことで、ブランチの作成とブランチの移動を一発で実行することができる。

この時に、第二引数で親となるブランチを指定することができ、ブランチの派生元を間違えることを防止できるとのこと。

f:id:matt-note:20190425234852p:plain

 

たとえば、以下のようにすると、リモートの master ブランチからブランチを作成することができる。

  • git checkout -b some-feature origin/master

 

まとめ

git checkout -b する時は、第二引数で親にするブランチを指定すると、派生元のブランチを間違えなくて済む。