IT技術にまつわる実験ノート

「長編を書くより、短編を数多く完成させてください。それが上達への近道です」 by 手塚治虫

自作Webアプリ「IT勉強会用 名刺ジェネレーター」を公開しました!ぜひご活用ください😀

https://it-benkyoukai-meishi.herokuapp.com/

Gitで最初のコミットを見てみる

はじめに

RubyRailsのコミッターである松田明さんが「コードリーディングする時にコミットを最初から通読している」という文章を読んだので、Gitで最初のコミットを見てみることにする。

f:id:matt-note:20190827022420p:plain

 

使ってみる

Gitで管理しているリポジトリで以下のコマンドを実行すると最初のコミットのログを見ることができる。

  • git log --reverse

 

--reverse オプションを他のオプションと組み合わせることもできる。

  • git log --reverse --oneline

f:id:matt-note:20190827022959p:plain

 

コミットIDを指定してブランチを切ることで、その状態に移動できる。ここでは、first_commit というブランチを作成して、上の「プロジェクトを作成」まで戻ってみることにする。

  • git checkout -b first_commit 9708e13

 

ブランチを確認してみる。

  • git branch

f:id:matt-note:20190827023339p:plain

 

これで最初のコミットまで戻ることができた。git log をすると、最初のコミットしか表示されないことがわかる。

f:id:matt-note:20190827023938p:plain

 

ちょっとした変更を確認する場合は、git show コマンドが使える。

  • git show 9708e13